プレスリリース

エボニック、航空宇宙向けCFRPコンポジットおよび製造の オートメーション化をターゲットに、硬質発泡体ロハセルの コア材を発表

2020年02月27日

  • PMI硬質発泡体ロハセルⓇは、比較的高温でも、高い剪断強度および圧縮強度を有する軽量サンドイッチ構造のコアを形成します。

「部品設計とオートメーション化による製造の効率性に関するイノベーション」-これがパリのJECワールドの航空宇宙コンポジット産業展で紹介するテーマです。(3月3日~5日※、第5ホール、ブース番号J40) 全産業分野において要求性能を満たすためのソリューションと同じように、製造時間と製造コストは用途に適した材料選定上重要な要因となっています。

(※JECワールドは5月12日~14日開催に変更)

コストを最も低く抑えながら大量にコンポジット製品を製造したい―そう考えるお客様方は、エボニック インダストリーズ(Evonik Industries)、コンポジットテクノロジーセンター社(Composite Technology Center GmbH)およびドイツ航空宇宙センター(Deutsche Zentrum für Luft- und Raumfahrt e. V.)の共同研究の成果である、硬質発泡材料を使った製造のオートメーション化について学ぶことができます。 この研究結果によると、硬質発泡体ロハセル®、すなわちエボニックが開発した独立気泡のポリメタクリルイミド(PMI)発泡体を使用することにより、航空機のフラップ、スポイラー、ギアドアなどのような複雑な構造物をオートメーションで大量生産する際の優位点が分かりました。

革新的な部品設計の実例として、ヴァンホーン航空(米国)によって製造された206Bジェットレンジャーヘリコプター用のメインロータブレード(部分的にコンポジット構造を使用)を展示しています。 ブレードは、ロハセル 71HERO発泡体コアおよび東レ炭素繊維によって形状化され、オートクレーブで硬化されました。 展示されたブレードは一部切り取られ、内部構造を見ることができます。 また、プロナットエアロスペース社(イスラエル)の、いままでにないパズルジョイント接合設計を特徴とする航空機翼デモンストレータのコア部品も展示されます。

 

今後の展開

約50年前に、ロハセル発泡体は、初めて商業用に利用できるPMI発泡体として上市され、複合サンドイッチ構造のコアとして使用されてきました。 長年の試験と認証が裏付ける実証された性能により、複合材料におけるその使用が増加しました。

エボニックのパフォーマンス フォームス プロダクトラインの責任者であるDr. カイ マーティン クルーガーは、「当社は世界で最初にダルムシュタッド(ドイツ)でロハセル®の製造を開始し、その後2008年にモービル(米国)で生産設備を追加、2015年から上海(中国)で設備を稼働させています。

そして今年、エボニックはモービルでロハセル設備を大幅に拡張しており、2021年末までに操業を予定しているダルムシュタッドの新しい現代的な生産設備にも投資しています。」と付け加えました。 「市場の成長を支援し、信頼できる現地供給を顧客に提供することが当社の優先事項です」

 

軽量化を超えて

 複合サンドイッチ部品は、軽量コアを薄い炭素繊維複合カバー層と組み合わせ、最小重量で最大の機械的性能を提供します。 また、ロハセルは、その強度および剛性、220℃までの高温耐熱性、および高温での優れたクリープ圧縮強度を特徴とします。硬質フォームは、航空機、自動車、船舶、スポーツ用品、エレクトロニクスおよび医療技術に使用されます。 現在、お客様は、技術者、複合材料スペシャリスト、およびサンドイッチ構造設計の専門家のチームによって提供される世界的なアプリケーション技術サポートにアクセスすることができる体制が整っています。

(以上、エボニック リソースエフィーシエンシー社の2月20日付プレスリリースの和訳です)

ロハセルはエボニック インダストリーズ社の登録商標です。 日本販売元: ダイセル・エボニック

 

エボニック インダストリーズについて

エボニックはスペシャルティケミカルの世界的リーダーの1つです。専門性の高いビジネス、顧客中心の革新的な技術力、信頼できるパフォーマンス志向の企業文化は、エボニックの企業戦略の根幹であり、収益性の高い成長と持続的な企業価値向上に貢献します。エボニックが優位性を誇るマーケットから企業利益の多くはもたらされています。100カ国以上で事業を展開し、2018年度は32,000人以上の従業員を有し、総売上高は133億ユーロ、EBITDA(金利・税金・償却前利益)は21億5000万ユーロを計上しました。

 

リソース エフィシエンシーについて

リソースエフィシエンシー事業は、リソースエフィシエンシーGmbHにより運営されており、エネルギー効率に優れると共に、環境に優しい高性能材料を自動車、塗料コーティング、接着剤、建設その他の産業に提供しています。この事業部門会社は、約10,000名の従業員を有し、2018年度は約55億ユーロの売上を計上しました。

免責事項 

このプレスリリースに記載されている見通しや期待、または将来の予測に関する記述は、既知または未知のリスクと不確実性を含む可能性があります。実際の結果や発展は事業環境の変化により異なる場合があります。エボニック インダストリーズ AGとその系列会社は、このリリースに含まれる見通し、期待、記述にして、更新の義務を負いません。