沿革

沿革

1970年7月 株式会社ダイセルと独ヒュルス社(現エボニック社)との合弁会社としてダイセル・ヒュルス設立
1988年5月 網干テクニカルセンター設置
1998年7月 ISO9002(JQA2481)を取得(網干工場)
1999年2月 親会社の独ヒュルス社がデグサ社と合併し、社名をデグサ ヒュルス社とする
2000年5月 デグサ ヒュルス社がSKWストロベルグ社と合併し、社名をデグサ社に変更
2000年12月 ISO14001(JQA1229)を取得(網干工場)
2001年6月 独親会社の社名変更に伴い、ダイセル・ヒュルスからダイセル・デグサへ社名変更
2002年3月 日本水道協会(JWWA)の「ナイロンコーティング鋼管用粉体樹脂塗料」にダイアミドコーティングパウダーが認証される
2002年7月 網干工場でコンパウンド設備1ラインを全面的に更新し、設備強化を図る
2002年7月 C12&C8系化合物の輸入販売をデグサ ジャパンより継承
2003年2月 ISO9002からISO9001に更新
2003年3月 SONYの環境品質保証体制評価基準に適合し、「グリーンパートナー」として認定される
2003年12月 独親会社デグサ社から、同社日本法人デグサ ジャパンに株式が譲渡される
これにより、ダイセル化学工業50%, デグサ ジャパン50% の合弁となる
2006年1月 PMMA樹脂 プレキシグラス成形用材料の輸入販売をデグサ ジャパンより継承
2007年4月 PEEK樹脂 ベスタキープの本格販売を開始
2007年9月 独デグサ社がエボニック デグサ社に社名変更
2008年1月 エボニック デグサ社の社名変更に伴い、ダイセル・デグサからダイセル・エボニックに社名変更
2010年1月 フィルム&フォーム事業をエボニック デグサ ジャパンより継承
会社情報